ゴルフクラブの「トルク」って

ゴルフグレージ 本間です。

 

今日は、最近勉強中のシャフトについてです。
中古クラブをみていると以外にシャフト交換されているクラブをよく見かけます。

 

「なぜ、純正のシャフトを交換する必要があるのだろう」と思って色々調べてみました。

 

シャフトメーカーのホームページに見に行くと、フレックス、トルク、調子、重量などの情報がよく載っています。
その中で気になったのがトルク、トルクとは「ねじりの強さ」だそうです。

 

よく例えられるのがハンドルの遊びで、トルクが小さいほど遊びが少なく大きいほど遊びが大きくなります。
初心者でクラブの軌道が不安定な方は、トルクが大きい方が軌道が安定するそうです、逆にドローやフェードなどを的確に打ち分けたい方はトルクが小さいほうがいいようです。

 

詳しくはマーク金井さんのホームページに載っていますので参考にしてみてください。
フッカーはトルクが多め、スライサーはトルクが少なめのシャフトと相性がいい!!

 

実際のリシャフトの際は重量や調子などの影響もあるので、当店自慢のクラフトマン築瀬までご相談ください。

 

こんな記事を書いていると、モーターやタイヤ、ホイールなどを交換してスピードを競ったミニ四駆を思い出します。

 

ゴルフ工房 シャフト交換 リシャフト

20121105_021752

2017年1月20日 12:05 PM